スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝上の戦い 




毎夜繰り返される激闘(手前の手がだんな、ピノを握っているのが私です)。
これはたまたま指先をピノに向けてるけど、向けていなくてもだんなの手がそばに来るとギャルルル少し離れたところでだんなの手が動いてもクルクルポポポポと警戒している・・・もうちょっと仲良くならんもんかねぇ~。
でもだんなが帰ってくるとチュンチュク鳴いてるし、着替えてるだんなの足の甲にとまって歌ったりしているし(だんなにとってはお邪魔)、だんな自体が嫌いなわけではないようなんですが・・・。だんながミカン剥いてるときは手にも止まります(このときは攻撃なし)。都合のいい鳥っこだこと

私はこんな考えの人間なので、ぶんちょさんに噛み付かれても、「まぁなんと凛々しいお姿♪」と思えるんですが、だんなはやっぱり懐いて欲しいみたい。
ピノは私をパートナーだと思っているらしいので、私がピノをフッてしまえば自然にだんなに懐くのかもしれないが・・・そんなことはできん

ピノがも少し大人になるのを待つしかないのか・・・何か妙案のある方はぜひご教授ください。ちなみに、手からおやつ作戦は失敗してます。


※そうそう、CAPさんで『鳥のオリンピック』が開かれてるのですが、そちらのフォト部門に新体操ぶんちょさんがいらっしゃいますよ~!きゃわゆい♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。