スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おなかは白いモコ 

世界陸上にハマっているさやえんどうです。
飼い主がテレビを見ながら「速っえー!!!」と騒いでいる間、
色白のおなかをあらわにクールダウンする我が家のスプリンター↓

モコ「撫でろぉ~」
おなか見えてますよ

毎晩ひとり大運動会のモコっちです。ひとりだからいつも一等賞
やっぱ4本足の生き物は段違いに素早いです。後ろ足のケリが違います。
ピノもホッピングの割に足が速いですがね(つーか飛べよw)。

横向きに転がるのは、と~ってもリラックスしている証拠♪
ケージの中ではよくやってますが、外では時々しかやってくれません。
いつものゴロ寝姿はうつぶせです↓

モコ「いーからとりあえず撫でろぉ~」
いつもはうつぶせ


モコ「フッ、走ることに関してはピノちゃんなんかに負けないわよ」
モコさんどあっぷ

モーちゃん・・・そうやってゴロゴロと油断して、うさぎは亀に負けたんだよ・・・。


一方その頃の暴君↓

ピノ「い~い湯(水)だっなっ♪」
ハァ~ビバノノ♪

また浸かっとるだけのピノやん(しかもウットリ)
・・・文鳥は水鳥に進化しつつあるようです・・・。
スポンサーサイト

ピノやんアスレチック新設 

ピノ「コンニチハ、ピノです。今日はぼくのアスレチックを見てね!」
換羽も終わったようでツヤツヤピノやん


パソコン机には『ピノやん広場』がありますが、リビングには遊び場が無かったので
新たに定位置を作ってみました。
まぁぶんちょさんは放っといても独自に定位置や秘密基地を作るもんですが、
飼い主がこしらえた遊び場を、ぶんちょさんが気に入って定位置にしてくれたら
こんなに嬉しいことはない・・・!(笑)

当初

↑ピノやんは子供の頃からこのプレステとテレビラックの隙間がお気に入りで、
私がテレビを見たりゲームをしたりしていると、よく探検していました。
プレステの傍が暖かいらしく、冬場はココでマッタリすることもありました(笑)

建設開始(笑)

↑しかしラックがツルツルするので、足場(ブランコ)を設置。
鏡にはあまり興味がないようですが、ブランコは気に入った様子。
ココに乗ると部屋全体が見渡せて本鳥も大満足のようです。

元・豆苗団地

↑こーなると飼い主も面白がって、今度は使っていないCDラックを設置。
そしてコレがまたヒットしたようで、お気に入りは2段目(なぜ!?)。

ファンシーモノ好きのダンナより進呈

↑そしてファンシー好きのダンナから、鏡とハシゴのプレゼント。
ハシゴはちょっと無理なんですが、ユラユラ揺れる鏡(ぶら下げてます)は
ピノやんのお気に入りの遊び道具・・・というよりサンドバックに。

ブランコに舞い降り→CDラック1段目→2段目で歌って踊って寝る
これがピノやんのリビングでの過ごし方(笑)

リビングに居て、私の傍にいないときは、
大抵この『ピノやんアスレチック』で居眠りしてます(笑)

ピノ「さて、今日は広場とアスレチック、どっちに行こうかな♪」
満足していただいてるようです(笑)

結局は『飼い主がどこにいるか』で決まるようなんですがね(ムフフフ)

食いしん坊モコ 

とりうさどちらにも好評の便利な野菜・チンゲンサイ。
他にも小松菜とか大根の葉とかニンジンとか、共通の食べ物は多いです。
葉っぱモノはピノやん一羽では消費しきれないので助かります。
ま、ヨレヨレになったら人間が食べますがね(笑)

モコ「わーい、チンゲンサイだ~!」
はじめペロペロ

モコ「んまんまんま♪」
モシモシモシモシ(食べる音)

モコ「モコは芯もイケルのよ。ピノちゃんと違ってね!」
(ピノやんは葉しか食べない贅沢野郎です
シャリシャリシャリシャリ・・・


モコちゃんブレブレやん・・・(^▽^;)
そんなに一心不乱に食べんでもいいのに(笑)

うさぎは食べたものを自力で吐き出すことが困難なので(鳥は上手ですよね!)、
食べ物には慎重かつ保守的なんだそうです。

しかしうちのウサっ子は割と何でも食べてくれます。
匂いである程度分かるんでしょうか。
牧草の好みは若干あるようですが、他にはあまり好き嫌いのない、
うさぎ初心者に優しい子です(笑)

ピノやんはすぐ太っちゃうから加減が難しいんだよなぁ・・・。

黒い暴君・ピーコさん 

細っこいおみ足

ぶんちょさんのピンクのアンヨ♪
んっ?ももひきがわずかにまだら模様・・・?どなたのアンヨですか?

ピーコ「オレのだー!」(画像をポイントすると長崎弁のセリフが出ます)
おいんとたい!

おお!実家の黒い暴君・ピーコさん!(桜文鳥オス・2歳)
相変わらずの歓迎っぷりです(?)

ピーコ「うぅ~ねむい~・・・」
うぅ~ねむたか~・・・

ピーコさん・・・相変わらず『怒るor寝る』なのね・・・(^-^;)

ピーコ「赤ザブを守らないと・・・」
(赤ザブ=秘密基地前に置いてある赤い座布団 ピーコさんのお気に入り)
赤ザブば守らんば・・・

ピーコさんは本当に赤ザブが好きだねぇ・・・。
前回の帰省では、ピノやんがこの赤ザブに乗って、、、
そのせいで大喧嘩になったもんねぇ・・・。
相変わらずですな~。

ピーコ「なんだ?」
なんね?

うっ、メンチ切られてしまいました(汗)

まぁ実家は実家で相変わらずでした。
『相変わらず』・・・いいことです。ホントに。母も変わらず天然でした。
変わったことといえば、妹が某ブートキャンプに入隊して
『オイマジかよ!?』ってくらい腹がペッタンコになってました。
まぁ元々そんなに太ってなかったんですが・・・あの調子じゃそのうち割れるぞ・・・。

そしてなぜかピーコさんの爪を切りました
「だってなかなか捕まらんもーん」と、連中は言ってましたが・・・
ピーコさんは意外にあっさり捕まり拍子抜けしました

友達にも久し振りに会えたし、山の上にある実家は涼しくてのんびりできました(^-^*)

ダンナとお留守番をしてたモコは、私が実家から戻るとすぐさまナデナデを強要
モコ未知、私のこと忘れてなかったのね!偉いぞ~♪

――――――――――

オマケ・ピノ&ピーコのツーショット♪(背景がゴチャっててスミマセン)
ギリギリの距離

↑・・・これ以上近づくと空中戦が始まります。デンジャー!!!

行ってきまっす=3 

ピノやん至福のとき

皆さんコンニチハ、ピノです。果報は寝て待て~♪

さやえんどーは13日から長崎に帰るらしいよ。
広島には17日に戻ってくるんだって。また家事サボる気だな。

・・・な~んて他人事のように思ってたら、ぼくも一緒に行くんだって!
げゑ~ッ!聞いてないよ~!!・・・まぁいつものことだけど。

え~っと、じゃあ↓この秘密基地も一緒だよね??
どうせスカートはかないんでしょ?ジーパンだよね?

(私が滅多にはかないせいか、ピノはヒラヒラスカートをすごく怖がります ^^;)

入ってもかぶってもイイ、素敵なブーツカット
(↑前回の秘密基地・縦バージョン。テント状態でも満足らしい・・・)

ヨシヨシ、じゃあ実家でも足と一緒にお昼寝できるね。
ン!!待てよ。確か向こうには黒い頭のヤツがいたな。
この移動式秘密基地は何としても守らないと。
では、英気を養うためにぼくはもう一眠りします。オヤスミ~♪


ハイハイ、ピノやんオヤスミ。
というわけで、来週月曜から暴君と実家に帰りまーす(^o^)/
今回も・・・歌うんだろうなぁ・・・電車内で

更新&コメントのお返事が遅れる・・・と思います。スンマセンm(_ _)m
あ、モコみッちゃんはダンナとお留守番です。

足乗りぶんちょの秘密基地 

毎日毎日暑いですねぇ~。
でも雨が降ったり雪が降ったりするよりはいいかな・・・。
毎日洗濯物がビシッと乾くのは気持ちいいです
つーかそうでも思わんとやってらんね~

我が家の暴君は遂に愛しの足との安住の地を見つけたようです。

ピノ「よっしゃーーーーーー!!!」
ピノヤンヲ探セ!
(さぁどこにいるでしょう??)

ピノ「これからはいつも一緒だよ・・・
イチャイチャするピノやん


ピノ「むっ?」
でもつつかれると痛いのだよ・・・


ピノ「邪魔すんなーー
うおっ、怖ぇえ~(^-^;)


ピノ「・・・まだ狙ってやがる・・・
結構しつこいのね・・・

ピノやんスマン、何もできないから出て行ってくれ ( ̄ロ ̄lll)

今日もヤツはブーツカットの裾を狙っています・・・。

モコ未知お迎え一周年 

今日は広島は原爆の日。年々被爆者の方が減っていく一方ですが、
こういうことは毎年キッチリやって後世につなげていきたいものです。

赤ちゃんモコ


さて、この追悼の日に申し訳ない気もするのですが、

今日はモコお迎え一周年記念日です

モコみっち、オメデトウ~♪

↑写真は1年前の今日・・・
真新しいケージの隅っこでオドオドするモコちゃんです。キャワユイ♪
子うさぎの頃はこういう風によく隅っこに隠れていたのですが、
1年経つと・・・、

モコ「もう何も怖くないわ=3」どーん
今やスフィンクスw

わ~ぉカ・ン・ロ・ク
堂々としたものです。首の辺りのモッタリしたお肉は『肉垂』といって、
うさぎ女子が成熟するとともにできてくるんだそうな。
モコも立派なレディー(古ッ)です。

体重はお迎え時約400グラムだったのですが、
今や驚きの1.6キロ・・・ゲッ!4倍!?∑(゜□゜;)
ピノやんと違い特におデブというわけではないらしいですが・・・、
4倍か・・・生後数週間で大人と同じ重さになる文鳥とはえらい違いです。

気になる『人間でいう年齢』ですが、
意外にも、年のとり方は文鳥とあまり変わらないんです。
文鳥は大体1年で20歳、あとは年に7歳ずつ年をとるといわれていますが、
(ピノやんは27歳・・・来年には飼い主の年齢を超えますわ
うさぎは1年で20歳、あとは年に6歳ずつ年をとるといわれています。
20代にギリギリしがみついている飼い主夫婦+白いヤツとは違い、
まだまだ余裕のモの字(←最近のあだ名w)

そしてもひとつ驚きの事実・・・。
モコっち、どうやらネザーランドドワーフ(純血)じゃないらしい
うすうす感じてはいたのですが、うさぎさんサイトで同じ年頃の純血種の子を見て、
「やっぱうちのモの字と顔が違う・・・!」と、確信しました(^-^;)
モコ自身大きくないし、先祖のどこかにドワーフ種はいるようなんですがね。

純血かそうでないかなんて問題じゃないんですよ。むしろ雑種大歓迎です。
ドワーフ系の子がいいなとは思っていましたが、それはうさぎ初心者の私には
小さい子の方がいいんじゃないかと考えたからなんですもん。
(そして後に大きさの問題じゃないということを思い知る 笑)

そんな問題じゃなく・・・

・・・全国ネットで間違い言ったじゃん・・・(赤面)

どーしてくれるんやショップ!(笑)

そんなわけで、『ドワーフ系ミニウサギ』のモコをこれからもよろしくお願いします(笑)

続・手のひらを返す 


ピノやんの怒りのツボ検証。
やはり『床に手のひら(指)』がポイントのようです。
シッポタッチしたせいで怒りも2割増し(尾羽はだいぶ伸びました)。
そしてさかむけは大の好物・・・むしってます・・・。

グーには入りたいようです(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。