スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空中ブランコ乗りのピノ 

広島県のとあるお家に、ピノという名の小さな白い男の子が暮らしていました。

ピノやんは空中ブランコが大好き。
毎日ブランコでユラユラしながら、お気に入りの歌を歌っていました。

ある日ピノやんはふと考えました。


ブランコこぎながら爆弾落としたら、遠くに飛ぶかな?

ピノやんは早速試してみました。
すると爆弾はピノやんのお家の出入り口のところまで飛んでいきました。


よぉし、今度はもっと遠くまで飛ばすぞ!

ピノやんは勢いよくブランコに飛び乗り、
ブランコの振り幅いっぱいいっぱいのところで、


えいっ!!

と、爆弾を落としました。

すると・・・
なんということでしょう!


爆弾はピノやんのお家の外まで飛んでいきました!

柵越え特大アーチです!!

ピノ選手、遂にやりました!!!


ピノ選手、一言お願いします!

ピノ「さやえんどー!ぼく、やったよ!ホームランだ!!」キラキラ
すごいでしょ!!



・・・ってアホカー!!(`□`)/

途中まで童話風だったのがいつの間にか野球中継になっとるし。

解説すると・・・。

ピノやんは時々、『どーやったらこんなとこにウンPできるんだ??』
と、飼い主の理解に苦しむところに爆弾を落としたりしてたんです。
そしたら昨日、ブランコでユラユラしながら爆弾を投下してるところを偶然発見。

あ、なぁるほど~、こりゃ飛ぶわ・・・と納得しつつも、
できればやって欲しくないな~と苦笑いしました(^ー^;)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。